体脂肪を燃やすにはどうしたらいいの?

体脂肪を燃やすにはどうしたいいのでしょう?

それは、ウェイトトレーニング、重量挙げといった
無酸素運動、そして、筋力増量を促す運動をすることが
一番の近道なのです。

えええ?
聞いた話と違うよ?

そう思われるかもしれませんが、
聞いてください。

体脂肪を減らす一番の近道は、
1日に消費される基礎代謝量を上げる事なのですが、
基礎代謝(体が一日に使うエネルギーの量)は、
体内の筋肉の量によって左右されます。

筋肉の量を増やすには
負荷がかかるトレーニングを繰り返して
筋肉を太くしていくしかありません。

ダンベルダイエットなどが
まさしくその理論名わけです。


基礎代謝を行ってくれる筋肉の量を増やすことによって、
体が一日に使うエネルギーの量が「自然」に増えるようになり、
基礎代謝量が上がったあなたの体が、
自分自身で脂肪を消費するようになるというわけです。


少し難しい話とお感じになられましたか?
では、今までのところを簡単にまとめますね。

ウォーキングやエアロビックなど有酸素運動は
脂肪燃焼には効果が薄いので、あまりダイエット効果はありません。

もちろん、食事のカロリーを燃やし続けることで
肝臓などに脂肪をためない、脂肪をそれ以上つけない効果はありますが、
また、それまで歩いてなかった人に筋肉をつける効果もありますが、

効果は劇的ではないのです。

ですから、筋肉の量が多ければ多いほど
体が一日に使うエネルギーの量が増えるので
筋肉増量を促す無酸素運動を積極的に行い、
筋肉を増やす事を目的として運動を行うようにする…。

これが、効率よく体脂肪を燃やす「コツ」なのです。
タグ:体脂肪
posted by dietprogrammer at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。