ダイエットのための食事の脂肪のコントロール

ダイエットのために食事の脂肪をコントロールすることについて

実は、多くの人が勘違いしていることがあります。

「食事から脂肪分をカットすればダイエットにつながる」

という考え方があります。あなたも聴いたことがありませんか?

というか、現にやっていませんか?



これは同じ重量のものを摂取しても、

重量あたりのカロリーが脂肪で図抜けて高いために生じる誤解です。

科学的に見て、脂肪分をカットしてもあまり効果は無いのです。



人間の体には、たんぱく質・炭水化物・脂肪という3大栄養素が必要であり、

この栄養素をきちんととらないと人間の体はちゃんと働かなくなってしまうからです。


つまり、極端に脂肪「だけ」をカットしても人間の体が正常に働かなくなるだけで、

つまり体を壊して老化させるだけで、あまりダイエットには結びつきません。


ではどうすればいいのかというと、

脂肪も摂取しながらどうやればやせられるのかというと、

すべての栄養素をバランスよく摂取することです。


この3つの栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂肪)から脂肪を効果的に消化するためには、

これらの3つの栄養素を「ある」比率で取得するのが最もダイエットに効果的なのです。


その比率とは…



1:2:3のバランスである事



つまり、脂肪分10g:たんぱく質20g:炭水化物30g

これこそが理想的な食事バランスなのです。


この比率が体にとって一番効果的なのです。

このバランスで食事をすると消化が良くなり、体に脂肪が残る事がなくなるのです。
posted by dietprogrammer at 14:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイエットをするだけで体調がよくなって毎日が絶好調!疲れにくく、明るく楽しい生活を送れるようになります。何より自分に自信がついて仕事も恋愛も積極的になれますね。誰かに見られたいって思う今日この頃だったりします♪
Posted by 3秒で痩せるサムスダイエット at 2007年02月03日 15:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。