食べないダイエットは時代遅れの伝説です。


人間は基本的に、毎日必要十分な量を食べることで体を元気に維持できるようにできています。

ですから、ダイエットのために、食べたいのを我慢して無理に食事を抜くと、それに身体が対応します。

食料がほとんどない状態になったから、それを体脂肪として蓄えようとするのです。

冬眠前の熊みたいなものですね。


で、ダイエットが終わってしばらくしたらもとに戻るどころかさらに脂肪が増えていた。

これがリバウンドと言うやつです。


次から次にカロリー制限しては痩せ、目標体重に達すると安心してリバウンド。

これでは身体のために良いはずがありません。



健康的に、食事をきちんと取りながら、でも痩せていく

そういう、健康とスリムを両立させるような方法がないものか?

実は、あるんです。


⇒ やることは食事を変えるだけ、ほんとにこれで痩せるんです。


徐々に痩せ始め、ある点を超えるとどんどん痩せていきますが、食事をきちんと取るので健康を損なうことがありません。

また、皮膚や髪の毛の張りと艶も失われない方法です。


スリムな人のタイプ別特徴

手足が細くてきれいな身体

脂肪なく細く美しく

ダイエットライフの秘密
posted by dietprogrammer at 03:25 | Comment(5) | TrackBack(1) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェイトトレーニングは筋肉ごつごつになるし、 素人には難しい

ウェイトトレーニングは筋肉ごつごつになるし、
素人には難しいと述べました。

「それじゃあ、ウェイトトレーニングできないじゃん。
 その問題を解決する運動方法はあるの?
 ダンベルダイエット?あれも筋肉盛り盛りでしょ?」

と、疑問に思われるかもしれませんが大丈夫!
解決する方法はちゃんとありますよ。

ここにいたるまで、いろいろと試してきました。
ウェイトトレーニング、エアロビクス、社交ダンス…・。

さまざまな運動にチャレンジしては、ダイエットに失敗してきた私が
最後に見つけた一番効果的な運動は、なんでしょうか?

それは












ヨガです。


な〜んだ。って思われましたか?


でも、ただのヨガではなく、パワーヨガなのです。

一般的なヨガは、リラックス、ストレッチを重視した運動なのですが、

普通のヨガとこのパワーヨガの最も異なる点は…

女性らしい体を作る筋肉を増量させる動きに120%集中している

という点なのです。



つまり、筋肉を増量させるけれども、特殊な呼吸法と特殊な運動のスピードを使い、

筋肉を増量させることで起こる問題、「男性ホルモンの分泌」を抑えることに成功したのです。


具体的にはどういうことでしょうか?

まず、これは体脂肪を減らすのに最も効果的な筋肉増量に集中しています。


しかもヨガのストレッチの動きを使いながらの筋力トレーニングなので

筋肉を太くする方向ではなく、しなやかで密度の高い筋肉を作ります。

男性のようなゴツゴツした体になりませんし、

女性らしい長く細い綺麗な筋肉を作ることができます。



効果も出るし長期間続ける事が無理なくできるという、

脂肪を燃やしスリムでセクシーな女性の体を作る

理想的な運動方法がこのパワーヨガなのです。


具体的にはどうすればいいのでしょうか?


それに関する答えは、ここでは触れないでおきます。


次回に引っ張ります(笑)。
posted by dietprogrammer at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット目的でウェイトトレーニング

ダイエット目的でウェイトトレーニングすることは
前回言ったとおりに男性では望ましいことです。

でも、ウェイトトレーニングを行うには、もう1つ問題があるのです。
それは、ウェイトトレーニングは
私たちが気軽に行うには一般的に難しい、ということです。


ウェイトトレーニングが最近、流行っていますね。
ですからたくさんの女性、男性がジムに通っていますが、
ウェイトトレーニングは一般で思われているより簡単にマスターできる物ではないのです。

アイフルの宣伝なんかみてると(笑)
簡単にできるかもしれませんが、
現実は厳しいのです。

重量を上げ下げする動作、フォームもそうですが、
それより重量の選び方、セットの組み方、超回復の理論、
インターバルの時間の取り方、など
たくさんの要素が組み合わさっていないと効果がでてこないのです。

もちろん、効果的でなくても量でこなしてしまう人も
存在しますが、働いている人にそんな時間はありません。

そのため、ウェイトトレーニングを継続して行うことができず、
それどころか逆に怪我をしたり、関節を悪くしてしまうことさえあります。

・・・怪我をしてしまう恐れがある上に、効果も出ない、

となれば誰もやるわけがないですよね。。。



今までお話してきたように、
ウェイトトレーニングは無酸素運動であり、
体脂肪を減少させるのに最も効果がある運動方法なのですが、

女性らしい美しくスリムな体を短期間で作り上げ、
長期間その体を維持するのには向いていないという事になります。

有酸素運動では脂肪は減らない、
ウェイトトレーニングは難しい、
女性らしい体型の維持がさらに難しい。。。


ではどうすればいいのでしょうか?

posted by dietprogrammer at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋肉をつければ体脂肪は燃やせますが・・・。

筋肉をつければ体脂肪は燃やせる。
ならば、筋肉をつけるかという問題もあります。

筋肉を増加させる運動が脂肪燃焼に最も効果的だとお話ししましたが、
実はウェイトトレーニングを行うとある問題が起こります。

ウェイトトレーニングなど激しい無酸素運動を定期的に行うと
男性ホルモンの分泌量が増えてしまう、という問題なのです。

あなたが男性であればそれは好ましいことかと思います。
スリムな体系と中世の魅力が売りのお仕事ならともかく、
筋肉隆々の男らしい体型は嬉しいですよね。

でも、女性の場合は困ります。
この問題が起きると男みたいなゴツゴツとした体になってしまい、
女性らしいやわらかさを失ってしまうのです。

女性が「痩せたい」と思うのは、
単に体脂肪を減らしたいだけではありませんよね。

スリムでかっこよく、そしてセクシーな体になって
みんなから憧れられるような女性になりたいからだと思います。
女性も男性もほれぼれするようなしなやかな身体になりたいのです。

決してボディービルダーのような、
体脂肪が少ないだけの体を目指している訳ではありませんね。

ウェイトトレーニングを頑張った挙句、
男性みたいなゴツゴツとした体になってしまったり、
男性ホルモン(テストステロン)が増えてしまって、
女性らしさを失うことがあっては、元の子も無くなってしまいます。

そんなことをダイエットに求めているわけではありません。
posted by dietprogrammer at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体脂肪を燃やすにはどうしたらいいの?

体脂肪を燃やすにはどうしたいいのでしょう?

それは、ウェイトトレーニング、重量挙げといった
無酸素運動、そして、筋力増量を促す運動をすることが
一番の近道なのです。

えええ?
聞いた話と違うよ?

そう思われるかもしれませんが、
聞いてください。

体脂肪を減らす一番の近道は、
1日に消費される基礎代謝量を上げる事なのですが、
基礎代謝(体が一日に使うエネルギーの量)は、
体内の筋肉の量によって左右されます。

筋肉の量を増やすには
負荷がかかるトレーニングを繰り返して
筋肉を太くしていくしかありません。

ダンベルダイエットなどが
まさしくその理論名わけです。


基礎代謝を行ってくれる筋肉の量を増やすことによって、
体が一日に使うエネルギーの量が「自然」に増えるようになり、
基礎代謝量が上がったあなたの体が、
自分自身で脂肪を消費するようになるというわけです。


少し難しい話とお感じになられましたか?
では、今までのところを簡単にまとめますね。

ウォーキングやエアロビックなど有酸素運動は
脂肪燃焼には効果が薄いので、あまりダイエット効果はありません。

もちろん、食事のカロリーを燃やし続けることで
肝臓などに脂肪をためない、脂肪をそれ以上つけない効果はありますが、
また、それまで歩いてなかった人に筋肉をつける効果もありますが、

効果は劇的ではないのです。

ですから、筋肉の量が多ければ多いほど
体が一日に使うエネルギーの量が増えるので
筋肉増量を促す無酸素運動を積極的に行い、
筋肉を増やす事を目的として運動を行うようにする…。

これが、効率よく体脂肪を燃やす「コツ」なのです。
タグ:体脂肪
posted by dietprogrammer at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体脂肪を減らすのに最も効果的な運動方法とは?

体脂肪を減らすのに最も効果的な運動方法とは?

多くの人が間違えているようなのですが、
実は、脂肪を減らすのに有酸素運動が効果的ではありません。

こう書くと驚きますよね、ひとつの意見だと思ってください。


例えば、ウォーキング、水泳、ランニング、
自転車運動、エアロビック、など

長時間軽い運動を続ける事はダイエットに非常によいと言われていますが、
本当は体脂肪を減らすためにはそれほど有効ではないのです。

なぜなら、これらの有酸素運動は、
その日に食事からとったカロリーは消費するのですが、
すでに体内に蓄積された体脂肪は、全く消費されないからです。

少なくとも、普通に食事をしての運動であれば
ほとんど消費されません。


一般的に有酸素運動開始後から20分以降はカロリーではなく、
体脂肪を消費し始めると言われています。

しかし、実際の所、体脂肪が消費されることはほとんどありません。
なぜでしょうか?
それは身体が運動に馴化されるからです。

すでにある体脂肪を消費するのは考える程簡単ではないのです…


posted by dietprogrammer at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。