ヨガをダイエットにとりいれる

ヨガのトレーニングをダイエットに取り入れることはいろいろな点で非常に効果的だと考えられています。

では、ヨガのどういう点がダイエットにとって効果的なのでしょうか?


もともと、ヨガはダイエットを目的に発達したわけではありません。

ヨガがインドのものだというのはみなさんよくご存知ですが、ヨガの起源は古来インドの歴史を3000年〜5000年さかのぼります。

アユール・ヴェーダなどのインドの古典に詳しく記されている方法です。


「ヨガ」とは本来は「瞑想」を意味します。インド北部発祥の修行法であり、さまざまなポーズを通して精神を統一し、心と体の両面からバランスを整えていきます。

精神統一方法だったので、特に決まったポーズや肉体的な修行は関係のないものが始まりだったのですが、効果的に悟りを開くための荒行・苦行と混合され、苦しいものとなっていた時代があります。

瞑想を経て悟りを開くためには静かに精神的に進めるのが理想なのですが、体を痛めつけて意識もうろうとなることでも一種独特なトリップができるので、それが好まれていた時代があったのですね。

ヨガはそのせいで一般人からは少々敬遠されていた時代もあったようです。

しかし時代を経て、その利点だけが抽出されてイギリスやアメリカでブームになることにより、インドでも見直されて世界的なブームが訪れました。



「ハタ・ヨガ」が現在のようにポーズをとるヨガの原型とも言われ、
現在ではさまざまな流派に枝分かれし、独自のスタイルを築き上げています。



ヨガの施行は呼吸を中心に行います。
ポーズはそれを達成するための副次的なものに過ぎません。

基本的に腹式呼吸法が用いられ、
呼吸は生命力と心の変化を調節する為のものであるとされます。

呼吸に深く意識を向ける事により集中力がつき、
内面のバランスを生み出し、精神的ストレスの解消を促します。

副次的なポーズの方に重点を置くことで、ダイエットに必要な静的な筋肉(インナー・マッスル)を充実させることができることから、
現代ではパワーヨガと呼ばれる方法に人気があります。

さらに、身体を十分にエクササイズする事も可能であるうえに、
ヨガを終えた時のリラックス感、開放感が人気となっています。
ランナーズ・ハイのような爽快感が得られるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。