ダイエットのためのピラティスの基本、呼吸法

ピラティスで肝心なのは呼吸法です。
呼吸をきちんと考えながら運動すると言うのがピラティスの基本になります。

考えながら運動する、独特の感覚ですね。

まずは、ピラティスの基本であるニュートラル・ポジション
(基本の姿勢)を覚えることからスタートしましょう。


基本の姿勢(ニュートラル・ポジション)その1

仰向けに寝てひざを立てる。
足の裏は床につけ、左右の腰骨、恥骨の3点を床から水平に保つ。

坐骨は床から浮かないように注意。背骨は反り返らせず、S字カーブを保つこと。
腕は手のひらを下に、指先を足方向へ長く伸ばし、体の横に自然に置く。

呼吸法(ブリージング)は鼻から息をゆっくりと吸う。
肋骨(ろっこつ)を左右と背中側に大きく広げるように空気を送り込むのがコツ。

おなかがふくらまないように注意。



・・・なんだか難しそうです。(^^;)



でも、背骨のS字カーブを保ったこの姿勢は、

体にとっていちばん自然で正しい姿勢なのだそうです。

また、すべてのエクササイズは、息を吐きながら行うのが鉄則です。

姿勢、呼吸、コアの筋肉すべてに意識を集中させて!




基本の姿勢(ニュートラル・ポジション)その2

十分に息を吸ったら、口から息を吐きながら、骨盤底筋を下から上へ引き上げていく。
女性の場合はまず腟を締め、下から順にズボンのファスナーを上げるイメージで。

腰骨と恥骨の三角形が水平に保たれているか、両手を下腹部に当てて常にチェックを。



ピラティスの場合「深く息を吸って、息を吐きながら行う」のが基本だそうです。
この呼吸法は、筋肉を引き締めるだけでなく、
腹部の内臓を強化するため、代謝アップにもつながるそうです。

特に消化器周囲の内臓脂肪はつきやすいので、
この辺が落とせると身体にとってとてもよさそうですね。

コツは、普段使うことのない骨盤底筋など、コアの筋肉を意識することです。

息を吸いながら背骨を伸ばし、自分の体が大きくなるイメージで行うのがポイントだそうです。


・・・さらに難しいのですが、
ともかく、リラックスしながら、息を吐き出しながら、
おなかや腰の筋肉を使うイメージでがんばってみましょう。
posted by dietprogrammer at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピラティスは下半身に特に有効なんです。

ピラティスは下半身の部分痩せに有効って知ってました?

ピラティスがどんな人に有効かというと、
下半身が太目の人に特に有効なんです。


身長が高く上半身はスマートでも、おしりまわりと太ももが、、、
そんな人にとって効果的なのがピラティスです。

とにかく、太ももがパンパンに太いものだから、
パンツは太ももに合わせて選ぶしかない。

ウエストやひざのあたりがブカブカになっちゃう。(/ー ̄;)

ジャストサイズのジーンズをカッコよくはきこなすことができない。( ┰_┰)


身長と体重の指数は問題ないのに、
太もものせいでなんだか損している。。。
特に幼稚園や小学生の子供を持つ活動的なお母さんに多い悩みです。

そんな方に特に有効なのが
ピラティスエクササイズです。
およそ2週間、集中的にこなすことで、

目立っていたおなかや太もも周辺の厚みがとれて、
バランスのよいプロポーションに近づきます。

足全体の形もスラリと整ったような印象を受けます。

「筋肉痛にこそなりましたが、体はすごく快調。
 肌の調子もいいんです。y(^ー^)y!」


とは、実践者の言葉です。

ピラティスについてちょっと見ていきましょう♪
posted by dietprogrammer at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピラティスは、ジョセフ・ピラティスが発明した、インナーマッスルを鍛えるエクササイズです。

ピラティスは、ジョセフ・ピラティスが発明したエクササイズです。

西洋と東洋、精神と肉体のコンディショニングの考え方を併せ持つエクササイズで、
90年前に考案されて以来、現代まで受けつがれています。

ピラティスの特徴は、しなやかな筋肉を鍛えることにあります。

パワーヨガの項目で触れましたが、体脂肪を消費するには筋肉運動によるウェイトトレーニングが必要です。
ウェイトトレーニングは筋肉ごつごつになるし、
でも、ふつうにボディビルダーがやるようなウェイトトレーニングだと
マッチョな体になってしまいます。

ダイエットをする人はそんなものは求めていません。


ピラティスにおいては、激しい運動負荷をかけることなく、
ストレッチ効果とウェイトトレーニングの筋肉緊張を同時にもたらす事を可能としています。

現在ではリハビリテーションの現場からプロのアスリートトレーニングに及ぶ
幅広い分野においても、その科学的なメソッドは高く評価されています。
そういう意味ではパワーヨガよりも取り組みやすいかもしれませんね。


精神と肉体を統合したトータルボディコンディショニングワークアウト。
通常のエクササイズとは異なり、
内部の細く弱い筋肉、インナーマッスルを強化します。

コアを中心として強化する事によって、美しい姿勢とボディラインが作られ、
骨盤のゆがみが解消され、疲労、腰痛等が減少すると共に
日々のストレスからも解放されます。

ピラティスに関する情報は意外に少ないのですが、
しっかり探して自分の目で検討してみてください。
ピラティスはとても効果的なダイエット方法だと私は考えています。
posted by dietprogrammer at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨガをダイエットにとりいれる

ヨガのトレーニングをダイエットに取り入れることはいろいろな点で非常に効果的だと考えられています。

では、ヨガのどういう点がダイエットにとって効果的なのでしょうか?


もともと、ヨガはダイエットを目的に発達したわけではありません。

ヨガがインドのものだというのはみなさんよくご存知ですが、ヨガの起源は古来インドの歴史を3000年〜5000年さかのぼります。

アユール・ヴェーダなどのインドの古典に詳しく記されている方法です。


「ヨガ」とは本来は「瞑想」を意味します。インド北部発祥の修行法であり、さまざまなポーズを通して精神を統一し、心と体の両面からバランスを整えていきます。

精神統一方法だったので、特に決まったポーズや肉体的な修行は関係のないものが始まりだったのですが、効果的に悟りを開くための荒行・苦行と混合され、苦しいものとなっていた時代があります。

瞑想を経て悟りを開くためには静かに精神的に進めるのが理想なのですが、体を痛めつけて意識もうろうとなることでも一種独特なトリップができるので、それが好まれていた時代があったのですね。

ヨガはそのせいで一般人からは少々敬遠されていた時代もあったようです。

しかし時代を経て、その利点だけが抽出されてイギリスやアメリカでブームになることにより、インドでも見直されて世界的なブームが訪れました。



「ハタ・ヨガ」が現在のようにポーズをとるヨガの原型とも言われ、
現在ではさまざまな流派に枝分かれし、独自のスタイルを築き上げています。



ヨガの施行は呼吸を中心に行います。
ポーズはそれを達成するための副次的なものに過ぎません。

基本的に腹式呼吸法が用いられ、
呼吸は生命力と心の変化を調節する為のものであるとされます。

呼吸に深く意識を向ける事により集中力がつき、
内面のバランスを生み出し、精神的ストレスの解消を促します。

副次的なポーズの方に重点を置くことで、ダイエットに必要な静的な筋肉(インナー・マッスル)を充実させることができることから、
現代ではパワーヨガと呼ばれる方法に人気があります。

さらに、身体を十分にエクササイズする事も可能であるうえに、
ヨガを終えた時のリラックス感、開放感が人気となっています。
ランナーズ・ハイのような爽快感が得られるのです。

ダイエットのための食事の脂肪のコントロール

ダイエットのために食事の脂肪をコントロールすることについて

実は、多くの人が勘違いしていることがあります。

「食事から脂肪分をカットすればダイエットにつながる」

という考え方があります。あなたも聴いたことがありませんか?

というか、現にやっていませんか?



これは同じ重量のものを摂取しても、

重量あたりのカロリーが脂肪で図抜けて高いために生じる誤解です。

科学的に見て、脂肪分をカットしてもあまり効果は無いのです。



人間の体には、たんぱく質・炭水化物・脂肪という3大栄養素が必要であり、

この栄養素をきちんととらないと人間の体はちゃんと働かなくなってしまうからです。


つまり、極端に脂肪「だけ」をカットしても人間の体が正常に働かなくなるだけで、

つまり体を壊して老化させるだけで、あまりダイエットには結びつきません。


ではどうすればいいのかというと、

脂肪も摂取しながらどうやればやせられるのかというと、

すべての栄養素をバランスよく摂取することです。


この3つの栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂肪)から脂肪を効果的に消化するためには、

これらの3つの栄養素を「ある」比率で取得するのが最もダイエットに効果的なのです。


その比率とは…



1:2:3のバランスである事



つまり、脂肪分10g:たんぱく質20g:炭水化物30g

これこそが理想的な食事バランスなのです。


この比率が体にとって一番効果的なのです。

このバランスで食事をすると消化が良くなり、体に脂肪が残る事がなくなるのです。
posted by dietprogrammer at 14:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェイトトレーニングは筋肉ごつごつになるし、 素人には難しい

ウェイトトレーニングは筋肉ごつごつになるし、
素人には難しいと述べました。

「それじゃあ、ウェイトトレーニングできないじゃん。
 その問題を解決する運動方法はあるの?
 ダンベルダイエット?あれも筋肉盛り盛りでしょ?」

と、疑問に思われるかもしれませんが大丈夫!
解決する方法はちゃんとありますよ。

ここにいたるまで、いろいろと試してきました。
ウェイトトレーニング、エアロビクス、社交ダンス…・。

さまざまな運動にチャレンジしては、ダイエットに失敗してきた私が
最後に見つけた一番効果的な運動は、なんでしょうか?

それは












ヨガです。


な〜んだ。って思われましたか?


でも、ただのヨガではなく、パワーヨガなのです。

一般的なヨガは、リラックス、ストレッチを重視した運動なのですが、

普通のヨガとこのパワーヨガの最も異なる点は…

女性らしい体を作る筋肉を増量させる動きに120%集中している

という点なのです。



つまり、筋肉を増量させるけれども、特殊な呼吸法と特殊な運動のスピードを使い、

筋肉を増量させることで起こる問題、「男性ホルモンの分泌」を抑えることに成功したのです。


具体的にはどういうことでしょうか?

まず、これは体脂肪を減らすのに最も効果的な筋肉増量に集中しています。


しかもヨガのストレッチの動きを使いながらの筋力トレーニングなので

筋肉を太くする方向ではなく、しなやかで密度の高い筋肉を作ります。

男性のようなゴツゴツした体になりませんし、

女性らしい長く細い綺麗な筋肉を作ることができます。



効果も出るし長期間続ける事が無理なくできるという、

脂肪を燃やしスリムでセクシーな女性の体を作る

理想的な運動方法がこのパワーヨガなのです。


具体的にはどうすればいいのでしょうか?


それに関する答えは、ここでは触れないでおきます。


次回に引っ張ります(笑)。
posted by dietprogrammer at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット目的でウェイトトレーニング

ダイエット目的でウェイトトレーニングすることは
前回言ったとおりに男性では望ましいことです。

でも、ウェイトトレーニングを行うには、もう1つ問題があるのです。
それは、ウェイトトレーニングは
私たちが気軽に行うには一般的に難しい、ということです。


ウェイトトレーニングが最近、流行っていますね。
ですからたくさんの女性、男性がジムに通っていますが、
ウェイトトレーニングは一般で思われているより簡単にマスターできる物ではないのです。

アイフルの宣伝なんかみてると(笑)
簡単にできるかもしれませんが、
現実は厳しいのです。

重量を上げ下げする動作、フォームもそうですが、
それより重量の選び方、セットの組み方、超回復の理論、
インターバルの時間の取り方、など
たくさんの要素が組み合わさっていないと効果がでてこないのです。

もちろん、効果的でなくても量でこなしてしまう人も
存在しますが、働いている人にそんな時間はありません。

そのため、ウェイトトレーニングを継続して行うことができず、
それどころか逆に怪我をしたり、関節を悪くしてしまうことさえあります。

・・・怪我をしてしまう恐れがある上に、効果も出ない、

となれば誰もやるわけがないですよね。。。



今までお話してきたように、
ウェイトトレーニングは無酸素運動であり、
体脂肪を減少させるのに最も効果がある運動方法なのですが、

女性らしい美しくスリムな体を短期間で作り上げ、
長期間その体を維持するのには向いていないという事になります。

有酸素運動では脂肪は減らない、
ウェイトトレーニングは難しい、
女性らしい体型の維持がさらに難しい。。。


ではどうすればいいのでしょうか?

posted by dietprogrammer at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋肉をつければ体脂肪は燃やせますが・・・。

筋肉をつければ体脂肪は燃やせる。
ならば、筋肉をつけるかという問題もあります。

筋肉を増加させる運動が脂肪燃焼に最も効果的だとお話ししましたが、
実はウェイトトレーニングを行うとある問題が起こります。

ウェイトトレーニングなど激しい無酸素運動を定期的に行うと
男性ホルモンの分泌量が増えてしまう、という問題なのです。

あなたが男性であればそれは好ましいことかと思います。
スリムな体系と中世の魅力が売りのお仕事ならともかく、
筋肉隆々の男らしい体型は嬉しいですよね。

でも、女性の場合は困ります。
この問題が起きると男みたいなゴツゴツとした体になってしまい、
女性らしいやわらかさを失ってしまうのです。

女性が「痩せたい」と思うのは、
単に体脂肪を減らしたいだけではありませんよね。

スリムでかっこよく、そしてセクシーな体になって
みんなから憧れられるような女性になりたいからだと思います。
女性も男性もほれぼれするようなしなやかな身体になりたいのです。

決してボディービルダーのような、
体脂肪が少ないだけの体を目指している訳ではありませんね。

ウェイトトレーニングを頑張った挙句、
男性みたいなゴツゴツとした体になってしまったり、
男性ホルモン(テストステロン)が増えてしまって、
女性らしさを失うことがあっては、元の子も無くなってしまいます。

そんなことをダイエットに求めているわけではありません。
posted by dietprogrammer at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体脂肪を燃やすにはどうしたらいいの?

体脂肪を燃やすにはどうしたいいのでしょう?

それは、ウェイトトレーニング、重量挙げといった
無酸素運動、そして、筋力増量を促す運動をすることが
一番の近道なのです。

えええ?
聞いた話と違うよ?

そう思われるかもしれませんが、
聞いてください。

体脂肪を減らす一番の近道は、
1日に消費される基礎代謝量を上げる事なのですが、
基礎代謝(体が一日に使うエネルギーの量)は、
体内の筋肉の量によって左右されます。

筋肉の量を増やすには
負荷がかかるトレーニングを繰り返して
筋肉を太くしていくしかありません。

ダンベルダイエットなどが
まさしくその理論名わけです。


基礎代謝を行ってくれる筋肉の量を増やすことによって、
体が一日に使うエネルギーの量が「自然」に増えるようになり、
基礎代謝量が上がったあなたの体が、
自分自身で脂肪を消費するようになるというわけです。


少し難しい話とお感じになられましたか?
では、今までのところを簡単にまとめますね。

ウォーキングやエアロビックなど有酸素運動は
脂肪燃焼には効果が薄いので、あまりダイエット効果はありません。

もちろん、食事のカロリーを燃やし続けることで
肝臓などに脂肪をためない、脂肪をそれ以上つけない効果はありますが、
また、それまで歩いてなかった人に筋肉をつける効果もありますが、

効果は劇的ではないのです。

ですから、筋肉の量が多ければ多いほど
体が一日に使うエネルギーの量が増えるので
筋肉増量を促す無酸素運動を積極的に行い、
筋肉を増やす事を目的として運動を行うようにする…。

これが、効率よく体脂肪を燃やす「コツ」なのです。
タグ:体脂肪
posted by dietprogrammer at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体脂肪を減らすのに最も効果的な運動方法とは?

体脂肪を減らすのに最も効果的な運動方法とは?

多くの人が間違えているようなのですが、
実は、脂肪を減らすのに有酸素運動が効果的ではありません。

こう書くと驚きますよね、ひとつの意見だと思ってください。


例えば、ウォーキング、水泳、ランニング、
自転車運動、エアロビック、など

長時間軽い運動を続ける事はダイエットに非常によいと言われていますが、
本当は体脂肪を減らすためにはそれほど有効ではないのです。

なぜなら、これらの有酸素運動は、
その日に食事からとったカロリーは消費するのですが、
すでに体内に蓄積された体脂肪は、全く消費されないからです。

少なくとも、普通に食事をしての運動であれば
ほとんど消費されません。


一般的に有酸素運動開始後から20分以降はカロリーではなく、
体脂肪を消費し始めると言われています。

しかし、実際の所、体脂肪が消費されることはほとんどありません。
なぜでしょうか?
それは身体が運動に馴化されるからです。

すでにある体脂肪を消費するのは考える程簡単ではないのです…


posted by dietprogrammer at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪を落とすためには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。