看護師と栄養士がプログラムし、メールサポートしてくれるダイエット方法

ダイエットは一人一人に合ったダイエットでないとダメ!!

Aさんが痩せたからBさんも同じ方法で痩せるとは限りません。


あなたに適したダイエットメニューを作ります。


こう言ってくれているのは京都の現役看護師さんと栄養士さん。

正直、誰でもダイエットについて、
頭できちんと考えて、納得の上で取り組む大切さには気が付いています。

だけど、いつもひとりでこっそり、
あるいは、気を許した仲間同士でだけ
目立たないようにダイエットしようとしているから続かないんです。

でも、現役の看護師さんと栄養士さんが
メールであなたをサポートしてくれるとしたら?

現役看護師が健康的にキレイに痩せる事が出来る方法教えます。

この方法、どんな方法かというと、
基本のマニュアルはありますが、

主体はメールによる永久サポートです。

つまり、医療と栄養のプロたちが
そして数多くの患者さんに栄養指導をしてきたプロたちが

あなた個人の状態を見て、
どういうダイエットメニューがあなたにとって最適なのかを
サポートしてくれる点が素晴らしいのです。

このブログのタイトルと説明にしているように、
ダイエットはそれを適切なタイミングでこなしていくことが
最も難しいのです。

それは自己管理がついついおざなりになってしまうから。


だから、あなたに個人教授してくれるプロが付く、
こういう方法はとても効果的なのです。

くじけそうになれば支えてくれます。
うまく落ちないなと思えば改善策も一緒に考えてくれます。

もちろん、ダイエットするのはあなたですから、
何もしないでやせられるなら、と思っている人にはお勧めしません。


でも、これまで何度もくじけてしまって
後悔して来たあなた。
これが最後のチャンスだと思います、
試してみませんか?

現役看護師が健康的にキレイに痩せる事が出来る方法教えます。

本当に最後のチャンスなんです。

なぜなら、このメールサポートには人数制限がありますので、
100名に到達すれば締め切られるからです。

それはそうですよね、いくらメールといっても
そんなに大勢の相手ができるはずがありません。
その意味でも彼女たちは本気でサポートし続けていくつもりだというのが
わかりますよね。


ここでこの方法を書くことの意味は、何といってもリバウンドの防止にあります。
経験した人は気づいているかと思いますが、ダイエットで短期間に目標体重に持ち込むことはそれほど難しいわけではありません。
一番難しいのはそれをリバウンドしないように維持することなのです。

ここで、一人だと折れそうになる気持ちをサポートしてくれるサービス、これはリバウンドを防ぐダイエットとしては一つの理想です。








posted by dietprogrammer at 04:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエットとリバウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お産のあとから体重が戻りません。

そういってため息を付く人は多いと思います。
そして多くの方があきらめています。

産後ダイエット完全マニュアル

 だって、妊娠中に12kgも太ったのよ、

 赤ちゃんは3kg、胎盤と羊水で1.5kg、
 子宮が大きくなっても1kg、
 それをサポートするためにお母さんの血液が1kg、

 5.5kgはいったい何が増えたの?
 脂肪が増えたんじゃない!


 もうだめ、あたし。。。


うんうん、よくお分かりのようですね。

そうなんです、妊娠中に増やしていいのは
7kg、譲って10kgまでと言われています。

でも、守れなかった人のなんと多いことか。


 あの〜、私は9kgしか増えなかったんですが、
 それでも2.5kgは脂肪がついたってことですか?(^^;)


うー。まあ、そうかもですね。

赤ちゃんを産んだあとの女性の体のライン、
ふっくらしてすてきですよ。

やわらかさが子供にも男性にも安心感を与えます。


 男性にも安心感・・・。
 それって女としてどういう意味?


あ、いやいや別に、深い意味は・・・。

産後ダイエット完全マニュアル


よかったら読んでみてくださいね。

今なら販売開始価格なので、
CD1枚分よりも安く手に入れることができます。

きわめて良心的な方のようです。

台湾に伝わる体質改善の方法のようです。
産後に関わらず効果的なのではないでしょうか?

販売ページだけでも見てみてください、よかったら。

産後ダイエット完全マニュアル

関係なかったらごめんなさいね。



posted by dietprogrammer at 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たらふく満腹ダイエットノウハウ

室田さんと言う方がこういう方法を示しておられます。

どういう方法なのか気になったので、記事を掲載してみました。

秘密はここにあるようですよ。
プロのダイエットカウンセラーが教えるたらふく満腹ダイエット

とりあえずは記事をご覧ください。

たらふく満腹ダイエットノウハウ 著 者: 室田達哉

まずは私とOさんとの会話を聞いてください。

Oさん: 「何、言ってるんだ! たらふく食べてダイエットだぁ〜?
        そんなダイエットなんて、ある筈ないだろう!」

私: 「信じてくださいよ! 我慢するからリバウンドするんです。たらふく食べてください。 たらふく食べて、満腹になるまで食べるんです。そうすれば絶対にリバウンドなしで必ず ダイエットが成功します! 」

Oさん: 「こう見えても、ダイエットに関しては、かなり詳しいんだよ!ある意味、専門家といってもいいぐらいね・・・・ただ、自分じゃぁ、なかなかできないんだよ、お酒が好きなんでね・・・・」

私: 「お酒好きならなおさら、この方法がピッタリです。
いや、お酒が好きなら、この方法しかないです。びっくりするくらい痩せますよ! 」

そして 1ヶ月後

Oさん: 「いやぁ、目からうろこってこのことだね・・・・こんなに簡単で、楽々できて、何にも我慢してないよ、たらふく食べて、飲んで、・・・・どんどん痩せちゃってる!
これなら、絶対リバウンドしないね、メチャクチャ体調いいですよ!」

6ヵ月後の彼の変化です。

体重 107.4kg  → 81.75kg
体脂肪 32.6% → 25.5%

体重 −25.65kg   体脂肪 -7.1%

Oさん: 「凄いね、こんなにもダイエットが簡単だったなんて
このダイエットなら、リバウンドしないですね、いや、リバウンドしようがない!」

いかがですか?

彼が太っていた時間は15年以上です。
そして
彼がやせるのに要した時間は6ヶ月です。
 
そう、貴方が悪戦苦闘しているダイエットですが
実は、ダイエットは簡単なんです。
15年、20年のつけをたった半年でチャラに出来ちゃうんですから(笑)

なに?全然チャラに出来ない? 利息(脂肪)までついてさらに膨らんでる?
ハハハ、貴方がいったいどれぐらいの贅沢な(脂肪)をお持ちかはわかりませんが
このサイトに出会った今日が、きっと貴方にとって記念日になりますよ!

もう一度、言います。
ダイエットで体重を落とす。しかもリバウンドしない。

これは、本当はとっても簡単なことなんです。
ある方法を知っていれば・・・・



http://rakusitekirei.jp


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


プロのダイエットカウンセラーが教えるたらふく満腹ダイエット
posted by dietprogrammer at 03:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットのハウツーあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットで食事療法を持続するエ夫

ダイエットで食事療法を持続するエ夫 著 者: 青銀杏

ダイエットで減量し痩せることが必要な肥満症患者の
食事療法を実施するのは患者であり、
医療者は間接的支援に回らざるをえません。

苦手な食を制限することに自主的に立ち向かう
肥満症患者の心理を理解しサポートするには、
行動療法の心得をもつことが大切となります。



ダイエットで減量を続けるためには、
絶えず動機づけを行うことが必要です。

食事療法は決して楽なことではありません。

それまで好きなように食べていた人が、
それをやめることは、
強い意志と努力を必要としますが、
まず動機づけから開始します。

食を減らすことによって
どのくらいのメリットがあるかを、
説明する必要があります。

それには代謝的改善、自覚症、
痛みの緩和、減量による医療費削減など、
あらゆる方向・角度から説明することが大切です。



減量で痩せることのメリットについては、
実際に以下の結果が得られることを、1つの例として示します。

@肥満糖尿病では、
入院して2〜4kg体重を減らすと、
スルホニル尿素系薬剤(SU剤)はもとより、
インスリンすら不必要となる例がみられます。

A高血圧のある場合、
体重が1kg減ると収縮期約20〜30mmHg下がります。

B中性脂肪は、
体重が1kg減ると50〜100mg/dl低下します。

C膝関節症は、
体重を4kg以上減らすと軽減しだします。

D睡眠時無呼吸症候群では、
やはり4kg以上減らすと、
昼間眠く能率の上がらなかった人が能率よく働けるようになる。

こういったダイエットのメリットについて
理解してもらうことが必要です。

そして、実際に減量ができた時には、
惜しまず賛辞を贈ることが大切です。



ダイエット中は、朝夕の体重変化を
グラフにつけて変動記録を書いてもらう必要があります。

日々の低エネルギー食療法の効果を
視覚で理解することが重要です。

過食の影響も目で理解できます。

また検査項目についても、
自覚症状に表れない変動をグラフで示すことは、
努力の結果を納得できるものとするために有用です。



肥満の方は、比較的適応性が悪く、
人の言ったことを聞き入れることは苦手です。

好き嫌いも比較的強く、ストレスに弱いのです。

すなわち、肥満者の性格として、
減量治療にのりにくい特性があります。

ロールシャッハテストで分析したところ、
ハイラムダ型
(物事を簡単にしかみず、第三者的で、
 主体的にかかわろうとせず、成り行き任せ)
が多い特徴がみられます。

それを踏まえたうえで、
肥満者を長い目でみて、
大きく包み、小さな目標を立て、
できるだけ達成感を味わう機会を多くし、
自信をもってもらうように
精神的サポートを続ける必要があります。



************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29658481.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


結局のところ、ダイエット食品などの栄養素を計算された正しいダイエット食品を使うことが最もお手軽な食事療法の維持方法ということになりますでしょうか?

posted by dietprogrammer at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット食品の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットで減量中の糖質,脂質の摂り方

ダイエットで減量中の糖質,脂質の摂り方 著 者: 青銀杏

ダイエットで減量中には、
糖質、脂質はなるべく摂らないことが原則です。

特に糖質は体内で中性脂肪に合成されるので
肥満治療では、まず減らさなければならないものです。

食後血糖が上がりやすく、
また甘さが食欲中枢に働くために満足度は大きいのですが、
空腹時には血糖が下がって空腹感を助長する欠点もあります。



肥満症を治療し痩せるために、
糖質、脂質の適正組成比をいかにすべきかの議論はまだ定まっていません。
減量効果は、脂質の多いほうがよいとの報告もあります。

一方、高糖質(60%)を奨める考えもありますが、
根拠となる臨床成績はほとんどありません。

かつての日本は肥満が少なく糖尿病も少なかったので、
そのときの日本食(糖質60%)がよいとする考えが受け継がれてきています。



これに対して、
肥満糖尿病患者に、総エネルギーを同じにした
高糖質(糖質:脂肪=55%:20%)食と
低糖質食のほうが血糖の低下、
インスリン分泌の減少、
中性脂肪の低下、
高比重リポ蛋白(HDL)コレステロールの増加など、
好ましい糖・脂質代謝効果をもつことが示されていません。

これらのことから低糖質食が推奨され、
空腹感も抑えられるなどの特徴もあります。



アメリカ糖尿病学会では
かつて総エネルギー摂取の抑制のため
脂肪を減らした高糖質食を奨めてきました。

しかし、近年、高糖質(糖質55〜60%、脂質30%以下)食の
催糖尿病作用に警鐘が鳴らされ、
1994年、糖/脂質比は個々患者の状態に応じて
決定するとして空欄としました。

日本でも、人種、風土、食種の相違を十分考慮し、
日本人での調査に基づき再考する必要があると思われます。

少なくとも高糖質食は避けなければなりません。



ダイエットで痩せるための低糖質(高脂肪)食については、
脂肪酸組成が問題となり、
その種類によって作用が異なることを
念頭に置かなければなりません。

飽和脂肪はインスリン抵抗性を増しますが、
オレイン酸は問題ないとされます。

また、エイコサペンタエン酸は
インスリン感受性を改善するとの報告もあります。



ダイエットで減量するために食事療法を行うときには、
糖質ではグリセミックインデックス(GI値)も
考慮されなければなりません。

すなわち、糖でも
食後の血糖上昇の少ない(GI値の低い)ものが推奨されます。



************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29112494.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

このようなノウハウを知っていたとしても、素人がこれを応用することは極めて困難です。

そういうときに利用すべきは、ダイエット食品です。
マイクロダイエットなどのいくつかの有名なダイエット食品では最低限必要な栄養素を確実に維持しながら、上手に摂取カロリーを減らす工夫がなされています。

それらのダイエット食品だけですべてがOKというわけではありませんが、積極的に活用することも一つの貴重な方法の一つです。

結果的に、
posted by dietprogrammer at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット食品の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットプログラムは性格に応じて組み分けるべきです。

中学校の理科で熱量計算しませんでしたか?
50度の水30リットルと20度の水60リットル混ぜると何度になりますよ、って。ダイエットの考えも基本は同じです。

消費と摂取、それが計算できれば、やることは決まってきます。

でも、それがなかなかできないんですよね(爆)。



ダイエットには几帳面な人と大雑把な人、どちらが向いていると思いますか?几帳面な人がいいような気がするでしょう、これがそうでもないんですね、どちらもどちらではあるのです。どちらもそれに応じたダイエット計画が立てられればどちらでもいいのではないでしょうか?

それぞれに向いた方法でやればどちらの場合もうまく行くと思います。
ときにはまったく違う方法かもしれませんけど。


ダイエットにはデンマーク王立病院方法などというグレープフルーツと卵と少量のパンだけですごす食事制限方法が一時期有名でしたが、そんな病院ないらしいです。

でも、それでもうまく行く人はうまく行くし、彼女らはその方法に感謝しています。ダイエットは気の持ちようだってのがよくわかりますね。



そういう意味では几帳面でない人の方が結果に一喜一憂しないので長く続けられるという部分があります。
太っても痩せても、なんとなく、プログラムに従っているうちにやせていた、そういう利点があったりします。

几帳面な人は、できるだけ遊びを持ったプログラムで無理をしないこと、その辺も性格を見てダイエットプログラム組みたいですね。
posted by dietprogrammer at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットと性格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットプログラム013

初めに運動ありき、しかるのちに食事制限。
そうおっしゃる方々の意見ごもっともです。ウ・・ ウン(・_・) 
それで行くべきですかね。

でもね、モチベーションがきついのよね、それ。
運動のダイエットって効果は2ヶ月ぐらい出ないし。

どうしましょ。

その場合はね、ごほうびを設定するのです。
運動した場合だけは飲んでいいの、お酒。

いいでしょ。(笑)

でも、気をつけるべきは、
お酒を飲むことでリラックスできて、
毎日空腹を気にせず寝れるからと寝酒をする。

それは悪くはないのですが、
おつまみは禁止ですよ。

そして過剰に飲むのはいけませんので、
シングル半分ぐらいにしてくださいね。


バランスのよい食事がダイエットに必要だと言われますが、
それはこれまでの食事療法が
しばしば根拠のない個人の思い込みに基づいて
発展していることに起因します。

運動がきちんとなされていれば、
逆にバランスは少しは崩れても良い。

飲んで寝てください(笑)。
posted by dietprogrammer at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットプログラム012

自分のダイエットに必要な自分自身の情報と、
ダイエットの基本方針は決まりました。
具体的な方法についていくつか見てみましょうか。

食事で行けばキャベツダイエット
毎食前にキャベツを1/6玉食べると言うことです。
それで普通の食事の量が減る。。。

運動でいけばダンベルダイエット。
ダンベルを持った腕をゆっくり動かして運動することで、
筋肉を効率よく増やして、
代謝をよくしてやせると言う方法

これらに加えて、管理システムもダイエットのひとつです。

ダイエットに限らず肥満症の治療の指標として、
肥満度を数値にする試みが行われて来ました。

BMIは身長と体重から適正体重値をはじきだすもの
これを指標にダイエットするのですが、
筋肉質な人は計算外です。

その場合、体脂肪率をあわせて考える必要があります。

このように、いくつもの項目について
ダイエットは考えて実践しなくてはなりません。



W( ──―───―・── O ─―──・─ )W ガオォー!!


お、おお!
き、切れましたね・・・。


ダイエットやめてしまいませんか、
もしもあなたが今しているダイエットが
あなたに苦痛しか残していないのだとすれば。

ダイエットするのは幸せになるためであって、
毎日辛い思いをするためではないはずでしょう?
痩せることができてもリバウンドしちゃいますよ、そのダイエット。


え?もっかいがんばる?
ヨチヨチ( *´д)/(´д`、)アゥゥ

ここまでくればダイエットはもう成功したも同然です。ヾ(^_^)。

あとは実行あるのみです。(∂。-)-☆

ヾ( ̄ー ̄ゞ))..( シ ̄ー ̄)ツ_フレーフレー
posted by dietprogrammer at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットプログラム011

ダイエットの二本の柱である食事療法と性格にあった運動療法。
この二つに、さらに加えることで役に立つ方法もあります。

その補助となるのは知識の吸収です。
頭で理解することで、それら二つの行動に納得がいき、実行力につながります。

栄養学に基づいた低カロリーの補助食品はさまざま販売されていますが、
有名なものにはマイクロダイエットがあります。

あれは必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル等を
必要最低限含みながら低カロリーに作られた補助食品です。
それだけで数日間持ちますので、
登山隊や長期航海の携帯食にもなっています。



ダイエットをあなたは何のためにしていますか?
痩せて綺麗になるため?

それなら痩せて綺麗になるのはどうなるため?
幸せになるためですね。

・・・あなたは毎日のダイエット、辛い苦しいことないですか?


ともかく、体重だけでダイエットの方法をあれこれ変えるのではなく、
総合判断して活動してくださいね。
posted by dietprogrammer at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットプログラム010

ダイエットに関して調べてきたとき、
確かにここまでの流れからすると、

ダイエットには近道はないし、
補助食品なんて持っての他と思ったかもしれませんが、実はですね(^o^)。

ダイエット補助食品には様々なものが有りますが、
基本は少ないカロリーに豊富なビタミンにミネラルで
ダイエット期間の栄養素の偏りを防ぐ、ということでしょうか。

その意味ではきわめて有効な道具なのです。
安いといってもいいかもしれません。
使用に関してはできれば医者と相談して進めることをお勧めしますが、
そうすればばっちりです。

食べる方針が決まれば、後は運動です。

体を動かすこと自体はダイエットにとても好ましいことですよね。

運動器具がきっかけであってもあなたが体を動かし始めれば
それだけでいいのかもしれません。
マイクロダイエットと同じぐらい、ジム代についやするのも方法です。


さあ、ダイエット成功しましょう。
まだ調べることはたくさんあります。

調査も実践も、ダイエット、
やるっきゃない。やるっきゃない。やるっきゃない。(笑)
posted by dietprogrammer at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。